教科指導はICT教材システムでやる気指導はオーナーが担当/個別学習のセルモ

教師が教えないことから、講師育成費や人件費の必要なし


エデュケーション・ネットワークス

神奈川県横浜市

豊川忠紀社長(51)



エデュケーション・ネットワークスがFC展開する「個別学習のセルモ」は、苦手分野を自動的に判断し、レベル調整して克服するプログラムを搭載した独自のPC学習システムにより、生徒に自立学習を身につけさせる学習塾だ。学習塾業界で主流といわれる集団指導型や個別指導型に対し、個別学習の形をとるセルモの施策を豊川社長に聞いた。


豊川忠紀社長(51)

Profile◉とよかわ・ただのり 1970年神奈川県茅ケ崎市生まれ。SOUEIグループ代表。全国学習塾協会理事。1999年株式会社創英コーポレーション設立。中核事業である創英ゼミナールは、神奈川県下108教室。生徒数、教室数においては個別指導で神奈川県最大手。(情報元:合資会社マネジメントブレインアソシエイツ)SOUEIグループでは9つの教育サービスを展開し、約300の教場に約2万人の生徒が通う。2018年に『個別学習のセルモ』を事業継承。


―近頃の学習塾は、複数の生徒が同じ授業を受ける集団指導型や、マンツーマンに近い個別指導型が主流と聞きました。そのなかでセルモは、講師の代わりにICT教材システムが教科指導を行う個別学習型という珍しい業態です。

豊川 かつて塾・予備校といえば集団指導型が主流でした。しかしここ20年間で、どの都道府県でも個別指導型が伸びており、現在は集団指導型と個別指導型で同等のマーケットシェアを占めています。近頃は東進ハイスクールさんや河合塾マナビスさんなどの映像授業も出てきましたが、このタイプは子どもの自主性や自立を前提とした教育サービスなので、高校生を対象としたものがほとんどです。セルモでは小中学生を対象としています。生徒がPCと向き合って勉強する個別学習の形式をとりますが、単なる映像授業ではありません。子どもが飽きずにしっかり取り組めるよう、ICT教材システムのなかにキャラクターなどのゲーム性を取り入れたつくりとなっています。ICT教材システムが教科指導を行う一方で、オーナー様はモチベーターとして生徒のやる気を維持・向上させるサポートを行います。


―教科指導はICT教材システム、モチベーションアップはオーナーと棲み分けをされているのですね。

豊川 教室長であるオーナー様には生徒のモチベーションアップに徹底していただくため、教科学習は全てICT教材システムで完結できるようになっています。例えば公立の中学校では、定期テストが教科書の内容から出題されます。それに対し、当社では日本で唯一、全国の小中学校の教科書に準拠したコンテンツを提供しています。更には、苦手を解消し学習効果を高める「戻り学習」の仕組みについては特許も取得しております。この点が当社の強みです。


―初期投資は、加盟金や学習システム導入費などで260万円ほど。教室物件やPC等の設備費などを含めると概算平均650万円ほどとありました(いずれも教室規模や地域によって変動あり)。初期投資や収益モデルについて同業他社ブランドと差別化できるポイントを教えてください。

豊川 教科書準拠に加えて特許も取得しているICT教材システムを使用するので、講師の採用はもちろん、管理や育成を一切必要とすることなく高品質なサービスを提供できることが大きなポイントです。一般的な学習塾では講師の人件費が支出の5割を占めると言われますが、当社の講師人件費はゼロです。また、学習塾は駅前に開校する傾向にありますが、当社は住宅街でも開校しています。これにより、家賃などのランニングコストの大幅カットが可能です。一般的な規模の教室で、開校1年目の売上が平均で月120万円程度、営業利益が万円を超えます。つまり、およそ1年で投資回収ができる計算です。


15坪の教室で8台程のPCを設置する

―ICT教材システムの導入は安定した教育サービスの提供だけでなく、コストダウンにも繫がるのですね。生徒獲得について本部はどのような施策を打ち出されていますか。

豊川 創英ゼミナールで行っていたWeb・SNS集客のノウハウを採り入れたFCパッケージを提供していることが一つ。そのほか、教科の興味づけができるようなイベントを用意して地域の方々に無料で開放しています。直営店で取り組んできた理科実験教室や時計解体などのイベントをパッケージ化し、オーナー様にご提供しています。このようにして口コミが起こりやすい仕掛けを作ってゆき、今では年間で数千人をイベント動員しています。


―生徒に教科指導をする必要がないことから業界未経験の方が多数来られると思いますが、未経験者の立ち上げフォローとして何をされていますか。

豊川 加盟申し込みをいただいたあと、開校希望エリアの商圏調査を行います。その結果、生徒集客の面などで開校に適さないという結論が出た場合には、たとえオーナー様の希望が強くても契約することは致しません。安定経営が見込める地で契約が決まった後、オーナー様には開校前研修を受講していただきます。集客の方法から生徒の学習指導法、保護者との面談の進め方など基本から学んでいただきますので、未経験の方でも安心して始められるのではないでしょうか。



独自の学習システムで自立学習能力が身につく

―最後に今後の目標を教えてください。

豊川 集団指導型や個別指導型など様々な指導形態が存在するなかで、セルモは「個別学習型」のさらなる進化を目指します。個別学習型は、個別指導型のように個々の生徒のニーズへの対応を可能とする一方で、生徒の自主性を高める指導形態でもあります。加えて、映像授業型のように良質なICT教材システムによるコンテンツ提供とカリキュラムに基づいた指導を行えます。今後は、それぞれの業態の良さを活かした個別指導のスタイルに磨きを掛け、そのトップランナーを担うことが目標です。



閲覧数:95回0件のコメント