【後編】借入金150億円からFCビジネスをスタート

ハードオフとブックオフ中心に上場果たす

/ありがとうサービス


ありがとうサービス

愛媛県今治市

井本雅之社長(65)


ありがとうサービス(愛媛県今治市)は2000年の設立以来、愛媛県を拠点にリユース事業、フードサービス事業、地方創生事業を展開している。同社は主にハードオフコーポレーション、ブックオフコーポレーションのフランチャイジーとしてビジネスを拡大。2012年にはジャスダックに上場を果たした。近年はカンボジア、タイなど海外にも進出しており、現在は海外・直営店舗含め約139店舗を運営する。2021年2月期売上高は84億5300万円、営業利益2億円、経常利益3億3000万円。同社を率いる井本雅之社長は、29歳で祖父が経営していたミシン販売代理店を引き継ぎ、経営者人生をスタートさせた。しかしその後の歩みは崖っぷちの連続だったという。

(ビジネスチャンス10月号「メガフランチャイジーの経営哲学」より)


井本雅之社長(65)

Profile◉いもと・まさゆき

1956年1月6日生まれ。愛媛県今治市出身。1980年早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。日本マーケティングセンター(現㈱船井総合研究所)入社。1985年同社退社。井本ブラザー商会代表取締役就任。1989年今治デパート取締役開発部長就任。1991年同専務取締役就任。1994年同代表取締役就任。愛媛いづみ代表取締役就任。四国グランドホテル代表取締役就任。1997年AGY代表取締役就任。2000年ありがとうービス代表取締役就任。

本部の社長がIPOを後押し

社員のモチベーション高める


2012年、同社はジャスダック市場へ上場を果たすまでに成長した。 もっとも井本社長は、特に上場を目指してはいなかったという。「坂本社長と山本社長から、『この本部のお蔭で上場出来たという加盟社がいたら、本部冥利に尽きる』と言われてきました。めちゃくちゃ借金あるのにようそんなこと言うなと思ってましたが(笑)。ある時、山本社長からベンチャーキャピタルを紹介されました。山本社長にはこれまで100億円分お世話になって いました。喜んでもらえるならチャレンジしようと思った」(井本社長)。


ジャスダック上場から10年。時代の変化に対応する必要はあったが、社内での変化はあえて起こさなかった。「上場は結果。本当に社員一人一人が何を思っているか、トップマネジメントはどうあるかという点を追求していくのが私の役目であって、お互いの信頼関係を築くのが大切」(井本社長)。今後は社内再編に伴い、スタンダード市場に残るためにも株価上昇を 目指す。そのための施策が、従業員持ち株制度だ。以前から持ち株会は存在していたが、機能していなかった。「経済的支援を手厚くすると6月の役員会で決定したところです。働く人が経営に参画して、しかもお客様であると。そんな関係が出来たら面白いですよね。従業員との関係としては、ウォルマートを目標にしています」(井本社長)。


今後も加盟店の役割、責務を果たすために、店舗のクオリティ維持を永遠のテーマに掲げている。全国規模での出店及び、新型コロナウイルス感染拡大が落ち着いたら海外展開を仕掛けていく予定だ。これまで多店舗展開する中での壁もあった。「焦っているとジャッジを間違えます。フランチャイザーの希望に応えようと、もっと早く出店しないといけないと思って、地代高いところ決めてしまって痛い目に遭ったことはありました」(井本社長)。 従業員との関係性においても、早く店長や、エリアリーダーになりたい人間の資質や社内全体のバランスなどを考慮している。


「社内の空気を読み間違えるとマネジメント上問題がある。経営者の成長サイクルにより異なるでしょうが、実際この2〜3年出店できていない。今は経営陣の若返り、世代交代の時期を迎えている」(井本社長)。現在、同社のセグメント別売上高はリユース事業約60億円、フード事業約22億円。キャッシュフローを意識した経営方針だ。「将来に消費者が何を求めるか検討して、新規事業を開発していく。飲食がウエイトを持っていないと回転資金にならない。リユース事業は投資資金が必要になる」(井本社長)。


コロナ禍ではあるが、同社にとってフード事業は屋台骨であり、今後も慎重に取り組んでいく。「安易なデリバリーではなく、製造小売りに力を入れています。完全無添加ハム・ソーセージ、チョコレート、ビールは自社製造です。放牧牛のチーズや北海道でハーブ農園も運営しています。今治でぶどうを育てて、ワイン醸造を目指している。フランス人との出会いから初めて今年で3年目を迎えました」(井本社長)。


さらに、地球環境保全を目に見える形で提供する地方創生事業を行う。「少しでも世の中が良くなることに貢献したい。単なるビジネスモデルとしてではなく、本当に環境大事にしようとしたらリユース事業はインフラとしての役割を担うもの。日本だけでなく海外を含めて、お客様が気持ちよく利用していただけるようなものにしたいです」(井本社長)。


今後もFC本部とは「普通の関係」を貫くつもりだ。ただこうも語る。「ドライな言い方をすると、本部がいかがなものかとなれば退会します。一切、本部に文句は言いません。社員にも言わせません。でも何かあれば退会します」(井本社長)。




10回の閲覧0件のコメント