【前編】業界健全化をテーマに活動続けた50年/(一社)日本フランチャイズ チェーン協会

25兆を組成する有望なビジネスモデルを啓蒙


(一社)日本フランチャイズ チェーン協会

東京都港区

増本 岳会長(57)

(カーブスホールディングス代表取締役社長)



一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(以下:JFA)は、1972年に通商産業省(現:経済産業省)の認可を受けて設立し、来年で設立50周年を迎える。日本のフランチャイズ業界の唯一かつ最大組織として多くの FC本部が属する同協会は、「フランチャイズの健全化」をテーマに歴史を重ねてきた。国内でFCが誕生してから現在に至るまで、協会としてどのような取り組みを行ってきたのか。現会長の増本岳氏に振り返ってもらった。

(ビジネスチャンス2022年2月号より)

 

増本 岳会長(57)

 

JFAは10月末時点で495社の会員で構成され、内訳は正会員が102社、準会員が12社、研究会員が109社、賛助会員が272社となっている。その中でFC本部が主体となっているのが正会員・準会員の114社。該当企業はいずれも歴史ある大手のチェーン本部で構成されている。

 

FCへの悪評を改善すべく発足

5年前からは大学での講座も開講


―日本でフランチャイズが誕生してから10年近く経った1972年に協会は誕生したわけですが、どのようないきさつで発足したのでしょうか。

増本 日本でフランチャイズ事業がスタートしたのは1963年。以後、60年代後半からは海外からも多くのFCシステムが入ってきました。ただ参入が増加するに伴い、悪徳業者やマルチ商法のようなところが目立ち、「FCは悪い企業ばかりではないか」といった風評が立ち始めました。そこで〝これはまずい〞ということで、FCが健全な事業であるとアピールするために社団法人を立ち上げたのです。発足に際しては、鮒忠さんや不二家さん、トーカイ(日本リースキン)さんや養老乃瀧(養老商事)さんたちに尽力していただいたと聞いています。


設立総会には政・官・財・マスコミの150名が参加


―発足後は何から着手していったのでしょうか。

増本 かなり早い段階で、倫理綱領を制定しました。今で言うガバナンスコードのようなもの9つの基軸でまとめたのです。今見てみても、「50年前によくこんなものを作られたなぁ」と感心してしまうぐらい素晴らしい内容です。現在も協会の理事会の冒頭に全員で唱和していますが、本部として自らを律する要になっており、FC経営にあたって非常に重要な軸です。


―会員制度を設けることで本部同士の結び付きを醸成していった点も、健全化への狙いだったのでしょうか。

増本 そうですね、会員企業同士がお互いに協力し学び合っていくことで、健全に発展し成長していくと思っています。当協会には正会員、準会員、研究会員、賛助会員の4つの種別があり、それぞれ属性が異なります。正会員と準会員についてはFC本部ですが、研究会員になると歴の浅いFC本部のほかにフランチャイジーやコンサルティング会社、士業の方なども入っており、賛助会員は食品や機器メーカー、周辺事業者の方々で構成されています。 そのため、フランチャイズ本部だけで見ると正会員と準会員、研究会員の3つになるのですが、いきなり正会員になれるわけではなく、原則的にまず研究会員になっていただいて色々学んでいただく。そしてFC本部として一定条件をクリアしたら今度は準会員になり、さらに準会員として基準をクリアし、協会の審査を経た後に正会員になれるというものです。こちらもJFAの倫理綱領を遵守して加盟いただいております。


―日本はフランチャイズ自体が存在していなかったわけですから、FC契約の枠組み整備も協会で主導していった。

増本 契約書一つ取ってみましても、JFAが無ければ今のようなレベルの高いものは存在しなかったと思います。JFAでは、発足当初からFC発祥の地で契約社会でもあるアメリカの事細かい契約形態を学び、それを日本流により精密にしていった。その結果、かなりレベルの高い発展を遂げました。今やマクドナルドさんやセブン-イレブンさん、ケンタッキーフライドチキンさんなどは、世界でもナンバーワンに近い素晴らしい運営をされています。


 

倫理綱領

1 経験と実績による裏付け

2 正確かつ十分な情報提供

3 フランチャイジーの適格性確認

4 契約内容の理解と合意

5 品質保証と信頼性の維持

6 改良・開発・指導援助の継続

7 関係法規・法令等の遵守

8 商標・サービスマークの擁護

9 契約義務の円滑な履行


JFA提供資料より

 

―歴史がある一方で、フランチャイズは本部・加盟店の双方で学術を体系的に学べる場がなかなかありません。一般に対しての啓蒙活動も課題ですね。

増本 JFAでは2016年から拓殖大学でフランチャイズの専門講座を開講しています。当初は大学に寄付をして講座の枠を作っていただく手弁当でのスタートでしたが、現在では正式な科目となりました。FCビジネスは25兆円の大きな市場ですが、それをきちんとした形で教える講座がありませんでした。そこで3代前の会長であるハードオフコーポレーションの山本善政会長が母校の拓殖大学に働きかけをしていただいたのがきっかけです。


―現在はどのような講義を行っているのですか。

増本 講義は全13回で、講師は大学の先生とJFA会員社の講義で構成されています。会員社の講義では、本部のトップや技術責任者が登壇するパートがあります。これは日本に おけるフランチャイズの仕組みを知っていただくのはもちろんですが、実際の本部経営者の生の声を学生に届けたいという想いもあります。その上で学生さんに興味を持ってもら い、将来の就職先の一つとして見てもらいたい。中には海外で働きたいという学生もいると思いますが、「海外で働きたければ商社だけでなく、ラーメン屋さんでも働けるんだよ」ということも知っていただきたい。


―実際の学生の反応はいかがですか。


増本 経営者の講義はすごく人気があるようで、学生だけではなく、先生も観に来られているようです(笑)。FCというのは、同じ業種であっても一味違うビジネスモデルがあるから成功しているわけで、見方によっては色んな意味でユニークな会社が多い。様々な本部の社長さんの目線で物事を見ると、こうも違うビジネスモデルになるのか、ということで非常に面白いのではないのでしょうか。大学での講座は、遠い将来になるかもしれませんが、業界の発展の上で非常に意味があると思っています。


(後編へつづく)





閲覧数:29回0件のコメント