【後編】「味千拉麺」を主軸にシンガポールで上場を果たす/ジャパン・フーズ・ホールディング

日本人起業家が率いるメガフランチャイジー



ジャパン・フーズ・ホールディング

シンガポール

高橋研一CEO(66)


シンガポールを中心に、東南アジア各国で日本のフランチャイズを展開して成功した邦人起業家がいる。ジャパン・フーズ・ホールディングを率いる高橋研一氏だ。大手電機メーカー在職時に駐在していたシンガポールで、その将来性にビジネスチャンスを感じて一念発起。1997年、同国で熊本発祥の豚骨ラーメン「味千拉麺」を開店したのを皮切りに、日本で人気の外食店を次々に出店し、メガフランチャイジーへと成長。2009年2月には、シンガポール証券取引所への上場も果たした。



高橋研一CEO(66)

Profile◉たかはし・けんいち1956年1月生まれ。神奈川県平塚市出身。上智大学卒業後の1978年、パイオニアに入社し、アナログプレーヤーの設計に携わる。94年、シンガポール出向。97年、同社退社。現社を設立し、「味千拉麺」をオープン。


 


シンガポールに日本のラーメンを広めた第一人者




―展開ブランドを見ると、ラーメンをはじめ、麵業態が非常に多い印象を受けます。

高橋 これには大きく2つの理由があります。ラーメン店を始めた当時のシンガポールでは、日本食といえば寿司でした。だから店頭に立って呼び込みをしていても「ラーメンって何ですか」と聞いてくる人がほとんどで、中には「寿司がないならいいや」と帰ってしまう方もいました。仕方なくラーメンと一緒に寿司を出していた時期もあったほどです。それが今ではすっかり定着し、寿司の次に好きだという方もたくさんいます。苦労して広めたからこそ、ラーメンにはとことんこだわりたい。これが一つ目の理由です。


あとは投資との兼ね合いですね。実は2008年に少し大きいサイズのセントラルキッチンを建てました。製麺機もかなり立派なものを導入していて、毎日何万食分も作っています。自動でスープを作る機械も10あります。当然、多額の投資がかかっていますから、しっかり稼働させなければなりません。だからラーメンの業態が必然的に多くなっているのです。


―中華料理の「大阪王将」やスイーツの「カフェ栗子」「神楽坂茶寮」といった麺以外の業態もいくつか運営されていますが、それだけラーメンにこだわっているのであれば、現地でジャパンフード・ホールディングスは「ラーメンの会社」というイメージが定着しているかと思います。

高橋 確かに、そういうイメージを持っている方はたくさんいると思います。そもそも「味千拉麺」だけでやっていた時期が約10年ありましたし、売上比率や店舗数を見ても「味千拉麺」の割合が一番大きいですから、当然と言えば当然ですね。おかげさまで、新しいショッピングセンターができる際は、ラーメン店の出店依頼が必ず来ます。うちなら何か面白いラーメン店をやってくれるというイメージがあるようですね。ありがたいことです。


―ショッピングセンターにとってラーメン店が、欠かすことのできないコンテンツの一つになったという証拠ですね。

高橋 10年前は、ラーメン店は一つしか入れませんでしたが、今では必ず2、3店舗入っています。うちはラーメンだけでもいくつか業態がありますし、カフェや中華料理、スイーツもあります。だから2、3店舗出しているケースが多いです。


―高橋社長以降、シンガポールには日本のラーメンチェーンがたくさん進出しています。

高橋 非常に多いです。しかし、何年かやって撤退したり、別の国にシフトしたりするところが多いですね。残ってがんばっているのは一部です。


―先程も話に出ましたが、味付けが一番の問題なのでしょうか。

高橋 そうですね。シンガポールではやっぱり豚骨白湯スープが一番ウケます。残って複数店舗をうまく運営しているところは、みんな豚骨白湯スープのラーメン店です。味噌にしても、知名度はそれなりにあるのですが、あまり定着しません。私の会社でも一度やったことがあるのですが、2店舗出したところでやめました。それでも、ないからこそやって成功すれば独占できると、果敢にチャレンジされる方は後を絶ちません。


―フランチャイズについては、基本的に日本のブランドを選んでいます。

高橋 シンガポールに限らず、海外では日本食はヘルシーだというイメージが定着しています。しかし、知られているのは寿司や天ぷらなど、一部の料理だけです。日本には他にも、こんなにたくさん美味しいものがあるということを多くの人に知ってもらいたい、そういう想いがあります。お好み焼やスープカレー、抹茶パフェなど、これまでいろいろなものを持ち込みました。


―実際に加盟するブランドはどのように選んでいるのでしょうか。何か基準のようなものがあれば教えて下さい。

高橋 できるだけ個性的で何か尖った特徴があるところを選ぶようにしています。例えば2011年に出店した「麺屋武蔵」は、ラーメン好きの間ではかなり有名ですが、東京都内にしかありません。引く手あまたのはずなのにです。天ぷらや天丼で有名な浅草の「天麩羅秋光」も、私が加盟した当時は、1店舗しかありませんでした。とにかく、そういう個性や強いこだわりがあるお店を見つけてもってくる、そういう部分にやり甲斐を感じます。


―日本人以外にも受け入れられる味なのかという点も大切ですよね。

高橋 もちろんです。ですから、興味のあるお店については私の舌だけで判断せず、必ずこちらから何人か連れて行って、彼らの意見を聞くようにしています。彼らが「ノー」というのであれば、もう一度考え直します。ブランドが有名であるかどうかや会社の規模などはあまり関係ありません。―


過去に取材した日本のフランチャイジーには、「本部の理念を重視する」という会社が多くありました。

高橋 それも大事ですね。あとは、社長や会社の雰囲気も見ます。本部と加盟店はいわば事業パートナーですから、長く付き合っていけそうな方、あるいは会社でなければなりません。ただ商品を買うのではなく、会社自体とお付き合いできなければ、絶対にうまくいきません。過去にはこの部分がどうしても引っ掛かって、結局、加盟を見送ったケースが2、3度ありました。



―その点、海外だけで約730店舗の加盟店がある「味千拉麺」の重光産業は非常に評価が高いのでしょうね。

高橋 先程のキムチを乗せたラーメンの話のように、対応も非常に柔軟です。生活レベルも食文化も異なる海外でやるわけですから、ある程度フレキシブルに対応してもらわなければならない部分はどうしても出てきます。そこのところを分かってくれる本部とでないと、なかなかうまくやっていけません。


―今後の事業展開について伺います。現在、シンガポール以外の国にも出店されています。高橋 シンガポールは飲食店の数が爆発的に増えすぎてオーバーフローしています。人口の増え方と比べると、飲食店の増え方の方が圧倒的に多い。だから正直なところ、新たな店舗を出しても、軌道に乗せるのはかなり大変です。だから中国や香港、インドネシア、タイ、マレーシアといった地にも、積極的に打って出ています。実は日本にも進出する予定があって、すでに物件を1つ確保しています。コロナがなければもっと早くオープンしていたはずでした。


―今後も新たなフランチャイズに加盟したり、あるいはオリジナルの業態を開発していくのでしょうか。

高橋 今年の1月にもカジュアルな焼肉店を出店したところです。これからもいろいろな業態にチャンレンジしていくつもりです。


シンガーポールだけでなく東南アジア各国に進出

閲覧数:83回0件のコメント