イエローハットを主軸に118店舗を展開する東北の雄 震災を乗り越え、上場企業として地域に貢献/ホットマン/伊藤 信幸社長【前編】

最終更新: 4月27日


ホットマン

宮城県仙台市

伊藤 信幸社長(71)


1975年、宮城県古川市で一軒のカー用品店が開業した。夢持つ一人の青年が作ったその店と会社は、それから半世紀の間に姿かたちを変え、今では国内有数のフランチャイジーとなった。「温かく、優しく、そして熱い人たれ」を意味するホットマンは、フランチャイズ事業を通じて地元住民のインフラになることを追求してきた企業である。伊藤信幸社長の創業から現在までを、改めて紐解いていく。

(※2021年4月号「メガフランチャイジー半 世 紀」より)



伊藤 信幸社長(71)

Profileいとう・のぶゆき

1950年1月1日宮城県に生まれ。1968年、宮城県立小牛田農林高等学校卒業。卒業と同時に、日産プリンス宮城販売株式会社入社。1973年、ミュージックテープの販売を目的として古川ステレオパックセンター創業。1975年、株式会社ホットマンを設立し、カーコーナー「ホットマン」を開店。株式会社イエローハットの創業者、鍵山秀三郎氏(現在、日本を美しくする会相談役)と出逢い、1984年イエローハットグループに加盟する。


ホットマンは現在、「イエローハット」や「TSUTAYA」、「アップガレージ」や「カーセブン」、「ダイソー」など、118店舗を展開。東証JASDAQにも上場し、前期20年3月期決算では、売上高212億1600万円を記録している

———ホットマンといえばイエローハットの最大加盟店として88店舗を運営する有力企業ですが、創業時はFCに加盟せず、自身でカー用品店を経営されていたようですね。 


伊藤 さらに遡ると、私は高校を出てから5年間、車のセールスマンをしていました。車のセールスマンとして色んなところを歩いている時に、当時よく見かけたのが古いバスを使ってその中で商売する様子でした。店舗を持つより古いバスの方がお金がかからないわけです。これは飲食の人が屋台を使ったり、八百屋がトラックで販売するといったものと同じようなもの。そうした姿をよく見かけており、「面白い、自分もやってみようかな」と思ったのが起業の出発点でした。


———1973年1月に、古川市で「古川ステレオパックセンター」を創業しました。これはどういうお店だったのですか。


伊藤 音楽を聴く場合、少し前ならCD、その前はカセットテープがあったと思いますが、さらにその前の時代は8(エイト)トラックという大きなテープでした。私が考えたのは、この大きいテープの販売です。なぜ着目したかというと、みんな一つの8トラックのミュージックテープを1年も2年も聴かないだろうと。ですから聞き飽きたら自分の要らないミュージックテープを店舗に持ってきてもらい、一方で店舗にあるミュージックテープで聞きたいものを買っていってもらう。買っていくというか、厳密にはテープ交換という形で交換手数料を300円いただく形にしていたので、レンタルに近い形かもしれません。物々交換のような形は当時珍しかったので、上手く立ち上げることができました。


———資金をかけずに独自のアイデアで勝負したわけですね。


伊藤 当時はガソリンスタンドやドライブインでもミュージックテープを売っているところはありました。ただ私はお金もありませんでしたから、売れるものを売れるところに持っていこうということで、お祭りに出向いたり工場の食堂の片隅、合同庁舎の廊下など、売れそうな場所があればとにかく出向いていました。また販売するテープも一流メーカー品ではなく、いわゆるマイナーテープというもの。その頃、日本コロムビアや日本ビクターのテープは3600円ぐらいで売っていたのですが、私が売るのは1500円くらいのやつです。民謡のテープであれば別に一流メーカーのものでなくてもいいわけですから、そういったものを500円くらいで仕入れて1500円くらいで売るのです。結構儲かっていたのですが、そのうち仕事を通じて顔見知りになったお祭りの的屋の親分から「伊藤、盃もらえ」なんて言われるようになって(笑)。早く手を引かなきゃと思い、現在のホットマンという会社を作って、郊外でカー用品店を始めたのです。


———元々車業界にいらっしゃったので、カーショップの立ち上げ自体はそこまで苦労しなかったのでは。


伊藤 当時は車の需要が右肩上がりだったので、商品も置いたら売れる時代でした。実際、当社も9年で9店舗まで広げてこれました。しかし時代が変わっていく中で、FCに加盟しなければならなくなるように感じたのです。たとえば会社設立当初は、大手であろうが個人であろうが売っているものについてはそんなに差がありませんでした。ただ月日が経っていく中で設備も年々進化し、より音の良いカーコンポやナビゲーション、格好いいラジアルタイヤやホイールなどが次々に出てくるようになった。そうなってくるとなかなか個人では追いつくことができない。


————企業規模を拡大していくためには、大手と手を組む必要があったわけですね


伊藤 やはり自分の暖簾でやっている時の一番の悩みは商品供給です。仕入れが多くなればなるほどメーカーは与信を心配しますから、「これ以上仕入れるなら、もっと担保をください」という話になるわけです。しかしこちらも担保がそんなにあるわけじゃないですから。


—加盟をしたことで、事業もしやすくなった実感はありますか。


伊藤 商品供給についても担保を求められることはなく、スムーズに仕入れられるようになりましたし、社員募集もしやすく、教育もきちんとしてくれます。また、大手と手を組む必要があると感じた点として、世の中に認められるような企業コンセプトに切り替えなければいけないという考えもありました。それも加盟を機に変えていけたので良かった点だと思います。もちろん、いいことばかりだったかというとそうではありません。加盟に際しては9店舗あったショップを6店舗まで減らし、売上も30億円から15億円まで減りました。でもまぁとにかく一度は縮こまっても、あとはそこからまたやろうと考えていました。


1984年にイエローハットとして再スタートした同社。以降、新規出

店と既存店譲受の両輪で順調に出店を拡大していくと同時に、他業態のF

C加盟も開始。事業を多角化させていく。

———加盟後は毎年複数店のペースで出店し、右肩上がりを実現します。


伊藤 順調に出店できた理由の一つとして、店舗を譲っていただいたことがあります。1990年代はまだ地元宮城県の店舗譲受が中心でしたが、2000年に入る頃から他県の店舗を譲っていただくことが多くなりました。今は岩手県や福島県、栃木県や茨城県、長野県などでも運営していますが、M&Aのメリットとして、譲受した店舗のエリア権まで暗黙の了解で寄越していただける。ですから譲っていただた上で、まだそのエリアで出店できるスペースがあれば出店ができる。実はイエローハットに加盟する前に、オートバックスさんともお話をしたとがあったのですが、オートバックスさんではエリアによる縛りを設けることができないということで断念した経緯がありました。その点、イエローハットは色々と加盟店に好きなようにやらせてもらえる部分があります。


▲イエローハットとして初出店の「多賀城店」

———出店と並行して、他業種のFC出店も積極化させていくのがこの頃です。1999年に「TSUTAYA」、2000年に「ガリバー」、2004年に「アップガレー

ジ」、2005年には「ダイソー」など、短期で様々な業種に参入されています。


伊藤 TSUTAYAに加盟をしたのは、「イエローハットの店舗の隣で何をやったらいいだろう」といった複合効果を考えたことからでした。私自身、音楽や映画、本が好きだったこともり、知人からTSUTAYAの増田宗昭社長を紹介していただいた結果、最終的にはTSUTAYAとSEGAでコラボしたゲームセンターを作ったりしました。他のブランドに関しても、基本は「イエローハットの隣でやるとしたら」という考えのもとに選定をしています。


既存業態の多店舗化と新業態の出店も順調に進んでいく中で、この頃から伊藤社長の頭の中に「上場」の二文字が浮かんでくるようになった。世の中に認められる企業を作ることを目的としてきた伊藤社長にとって、この上場は是が非でも叶えたいものだった。しかし、そんな伊藤社長の前に大きな壁が立ちはだかる。2011年3月の「東日本大震災」だ。


震災後のホットマンは… (後編につづく


9回の閲覧0件のコメント