中小飲食店を救う

テイクアウト&

デリバリーサービスの始め方

新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費者の外出自粛で、飲食業界は過去に類を見ない大きな危機に直面している。そんな中、減少した売上を補おうと、多くの飲食店が取り組んでいるのが、テイクアウトやデリバリーといった中食事業だ。昨年10月に、消費税増税に合わせて軽減税率が導入された際にも、大手チェーンが次々とサービスを始めて話題となったが、今回は個人経営の飲食店まで巻き込むほどの大きな広がりを見せている。飲食店を救う切り札として期待されるテイクアウト・デリバリービジネスを取材した。

ビジネスチャンス

次なる成長を担うすべての起業家を応援する起業&新規事業の専門情報誌
 

© 2003-2020 株式会社ビジネスチャンス